北アルプスの山々、のどかな田園風景・・・北アルプス展望美術館(池田町立美術館)

【 ご来館のお客様へ入館の際のお願い 】

当面の間、閉館時間を16:30(最終入場16:00)とさせていただきます。

保健所等の行政機関による聞き取り調査等にご協力いただく場合がございます。そのため、ご来館の日時、代表者様のお名前と電話番号、ご住所、ご来場された人数のご記入をお願い致します。必要に応じ、以下よりダウンロードして事前にご記入いただくとスムーズにご入館いただけます。

来館者カード

状況により入場制限や臨時休館など、感染拡大防止のための対応をとらせていただくことがございます。ご観覧の際は適切な距離を保ち会話はできるだけお控えいただき、皆様が安心・安全にご観覧いただけるようご協力をお願いいたします。

本日は、休館日です。

北アルプス展望美術館は、正面に北アルプス連峰と安曇野の広大なパノラマを一望できる丘のうえにあります。北アルプスの山々、のどかな田園風景・・・。ここ安曇野池田町の美しい景観は、多くの芸術家を魅了し数多くの作品を生みました。「息をのむほど美しい」といわれる日本有数のこの景観のなか、趣向を凝らした企画展を随時開催しています。

   

--- 展覧会・イベント情報 ---

 
無拘の美術家 宮澤好男   圃晏展(ほあんてん)    ~モノクロームのバリアント~
安曇野キルト公募展2021作品募集

お知らせ

2021年 02月 25日

【企画展のお知らせ】
無拘の美術家 宮澤好男   圃晏展(ほあんてん) 
~モノクロームのバリアント~

会期:2021年3月2日(火)~3月21日(日)
休館日:月曜日
入館料:大人 400円(350円) 高大生250円(200円)
    中学生以下無料
( )は20名以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人・同伴者1名様まで、半額でご覧いただけます。来館の際は受付にご提示ください。

圃晏、宮澤好男は、1940年飯田市に生まれ、1973年より池田町定住。信州美術会副会長、県展審査員、中信美術会委員長等を歴任。高校の美術教員をしながら、1976年に「圃窯」(窯の名前)を構えて作陶を続けてきました。画歴は作陶よりも古く、現在は抽象画を主に描いています。本人曰く「本展覧会の”陶芸”も”絵”も、既成概念からの脱出と自己脱皮を試みてきたものの、しかし、未完。」

【ご来館の際のお願い】

★咳エチケットをお守りいただき、マスクの着用をお願いいたします。
★発熱など、風邪の症状がある方や、過去2週間以内に発熱や感冒症状で医療機関を受診または処方された薬を服用等された方、ご自身の体調に不安がある方は、ご来館をお控えください。
★新型コロナウィルスの感染拡大防止につき、受付前にアルコール消毒液を設置しております。入館の際は手指の消毒をお願いいたします。
★ご帰宅後も手洗いやうがいなど感染予防対策をお願いいたします。
★館内の安全を考慮し、スタッフもマスクを着用しております。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

状況により入場制限や臨時休館など、感染拡大防止のための対応をとらせていただくことがございます。館内では適切な距離を保ち、会話はできるだけお控えいただき、皆様が安心・安全にご観覧いただけるようご協力をお願いいたします。

※新型コロナウィルスの感染状況により、入場制限や臨時休館、企画展の会期延期等感染拡大防止のための対応をとらせていただくことがございます。
... もっと見る戻る

北アルプス展望美術館
  • 〒399-8602 長野県北安曇郡池田町会染7782
  • TEL:0261-62-6600 / FAX:0261-62-6601
  • E-mail:bijutsu@town.ikeda.nagano.jp
北アルプス展望美術館 ご利用案内 北アルプス展望美術館 アクセス・お問い合せ