展覧会・イベント情報

「梅香る頃」

塩入 久 展 -四季を彩る木版画の世界-

会期:2019年4月6日(土)〜6月23日(日)

休館日:月曜日

塩入久(1949-、信州新町に生まれ)は会社勤めの傍ら制作活動をはじめ、1992年より宮浦真之助に師事、木版画を生涯の趣味として制作を続けてきました。
2017年から地元紙「市民タイムス」にて版画作品と散文詩を連載し、その暖かな眼差しで切り取った北アルプス山麓の魅力を多くの読者に伝えています。

本展では、幾重にも色を重ね生み出された多色摺り木版画による信州の風景を紹介。長年制作のテーマとしてきた北アルプスや安曇野、松本の風景を中心に、四季の童遊び、初期の切り絵、版木や制作道具など、100点あまりを一堂に展示します。

北アルプスを望む美術館で、塩入久が描く美しい四季の移ろいをお楽しみください。

塩入久(1949年―)
木版画家。長野県長野市信州新町生まれ。 第39回全国公募IAC美術展文学科学大臣賞、県工芸美術展知事賞など受賞多数。日本版画院委員、IAC美術会常任理事、県工芸美術会理事、信州版画協会会員。 地元紙「市民タイムス」にて版画作品を連載中。

塩入 久 展 -四季を彩る木版画の世界-

「桜」

展示会場:企画展示室A・B

企画展観覧料

大人 高校生・大学生 中学生以下
600円(500円) 450円(350円) 無料
※未就学児 無料
※( )内は20名以上の団体料金。
※障害者・療育手帳をお持ちの方は受付にご提示で半額になります。
     

これからの展覧会・イベント情報

 
     

展覧会・イベントカレンダー

 
2019年 3月
24
25
26
27
28
1
2
収蔵作品展
3
4
5
6
7
8
9
収蔵作品展
10
11
12
13
14
15
16
収蔵作品展
17
18
19
20
21
22
23
収蔵作品展
24
25
26
27
28
29
30
収蔵作品展
31
1
2
3
4
5
6
塩入 久 展 -四季を彩る木版画の世界-

休館日

展示替え休館

     

過去の展覧会・イベント